今話題の化粧下地はコレ!

照明で肌色が白くならないようにするには、化粧下地を選ぶことが重要!

    

化粧の効果を活かすには化粧下地の色が、白い光のする照明にあたっても明るく見えるものを選ぶことが必要となります。

光の種類で肌は印象が違って見えるので、明るく見せるには自分の肌より濃い色の化粧下地を選ぶようにしましょう。

照明で変化する肌色は化粧下地で調節

化粧は女性を美しく見せる他に、より健康的に快活に見せる役目も持っています。女性が魅力的に見える要素の一つに肌の色が白く透明感のあることがありますが、それは度を過ぎると顔色が悪く不健康になり顔の印象もぼやけて映るのでマイナスになる恐れがあります。

日常生活は照明の下で送ることがほとんどですが、化粧の仕方によって照明の光の加減の影響で肌が白くなりすぎるようになります。白すぎる顔は印象を逆に悪く見せてしまうので、化粧をする際には照明の光で顔が白くなってしまわないかも考えることが必要です。

照明の下でも肌を良い状態に見せられるようにするには、ファンデーションの前に顔全体に塗っておく化粧下地をきちんと選ぶことがポイントとなります。

化粧下地は自分の肌の色に合っているかで決めるものなのですが、化粧した顔を常に良く見せたいのなら照明の色で自分の顔が真っ白にならないかで決めることをおすすめします。

ファンデーションよりも化粧下地の方が化粧の仕上がりを左右するものとなるので、ここを吟味して選ぶことで照明の光での化粧の状態を調節することができます。化粧はパッチリした目を大きく見せられるか口元を色気のあるように見せられるかも大事ですが、最も力を入れるべきなのは肌色を常に美しく健康的に表現できるようにすることにあります。

肌が良いと容姿全体の評価が良く見えるようになるので、化粧下地は注意するようにします。

家の鏡で見る自分と外の鏡で見る自分は違う

化粧をした自分を鏡で見て一番良く見えるのは、家の洗面所の鏡で見る自分であることが多いです。逆にキレイに化粧しているのに顔色がさえなく良く見えないというのが、オフィスやデパートのトイレの鏡で見ると感じてしまいます。同じ化粧をした顔なのに家と外の鏡で見ると、印象が違って見えてしまうのは照明の光の効果が関係しているのです。

オフィスやデパートといった家でない所で自分の顔を見ると、化粧した顔が大して良く見えない理由は外の施設で使われている照明は蛍光灯やLEDであるからにあります。

蛍光灯は自然の色に近い映し方をしない特徴がある演色性がない光であり、この下では人間の肌色は白く見せてしまう傾向があるのです。だから化粧した顔が白く見え過ぎ化粧の持つ美しく見せる効果が発揮しないようになります。

さらに現在は蛍光灯と比較して長持ちすることからLEDが流行っていますが、LEDは最新のタイプでないと演色性が蛍光灯よりも低いこともあり顔の化粧の印象が違って見えやすくなっています。

家の洗面所の鏡で見る自分が最も美人に見えるのは、住宅に使われているタイプの照明は白熱電球とハロゲン電球が使われているからです。

この2つの電球は光が柔らかく自然に近い見え方のする特徴があるので、化粧した顔が自然に美しく健康的に見えるようになっています。

家と外で見ると化粧が違って見えるというのを防ぐには、蛍光灯・LEDの照明でも顔が明るく見える色の化粧下地を塗ることです。

白い光の下でも肌が美しく見える下地

化粧をするのは容姿を良く見せるようにするために行うものなので、照明の光で変化しやすい肌を悪く見えないようにするには化粧下地を効率的に利用します。

自分の肌色に合った化粧下地を選ぶというやり方は自然に近い見え方がする電球を使っている家にいる人向けのものであり、働いて外に出ている時間が多い人は白く見えやすい特徴がある蛍光灯やLEDの照明でも肌色が良く見える化粧下地を選ぶやり方にしましょう。

外の施設で主に使用されている蛍光灯とLEDの照明の光は白系に属しているので、肌はその光であたっても健康的である化粧下地を探すようにします。

おすすめのものは濃度が高いベージュやピンクを含んでいるタイプが向いており、蛍光灯などの照明の下で見ても化粧した顔が自然で健康的な肌に見えさえることができます。白い光の下でいることが多いという生活の人は、化粧下地は地肌より濃い目の色を選ぶよう心がけましょう。

化粧下地の色が薄いと白い光の中では、肌の色が薄く見えてしまうので気を付けるようにして下さい。化粧下地が濃いとオフィスの照明でも、顔が明るく見えます。

色白肌タイプの人はベージュのライト、中間色肌タイプの人は濃いオークルの化粧下地が合っています。自分の肌よりもやや濃い目の化粧下地を使うようにすることだけで、白い光で化粧した顔がくすんでしまうといった問題を改善することが可能です。

明るく見えるように濃い化粧下地を塗ることが、白系の光で化粧が美しく見せられるポイントとなります。

白系の光での化粧効果を保つには合わせ塗り

フルタイムで外で働いて家にいる時間が少ない人は、肌が青白く見えやすい蛍光灯・LEDの光で化粧がくすんで見える自分の肌より薄い化粧下地は選ばないことがポイントとしてあげました。

さらに化粧がより良く見えるように効果を上げるには、化粧下地のつけ方を工夫することでできるようになります。

自分の肌より濃い化粧下地を塗ることで蛍光灯などでも、化粧した顔が明るく見えるようにできます。ただ濃い下地を一つ使うよりも、2つを合わせて使うことで明るく見せる効果を上げられます。

肌を明るく見せるようにするには、血色の良さも加えると健康的な印象になります。血色の良さを引き出すには濃いピンクの化粧下地も、合わせて肌に塗るようにしましょう。ピンクで肌の赤みが増すことによって、肌の明るさも上がるようになるのです。

下地は厚くなると次に塗るファンデーションも濃くなってしまうことがあるので、適度に肌の上に塗るように気を付けます。自分の肌より濃い下地を基本の下地として、合わせてピンクの化粧下地も塗って化粧していきます。

そうした工夫をすることで、白い光を放つ照明の下で見る化粧した顔が明るく映ります。自然な仕上がりの化粧をしたい人は、ファンデーションはミネラル成分を含んだタイプがおすすめとなります。ミネラル成分は透明感を出す力が優れているので、濃い下地を塗った肌を美しくするには最適です。

化粧効果を上げたい人は、以上のことも実践してみてはいかがでしょうか。

照明の色に合う下地を選ぶメリット

化粧する上で最も注意するものとして考えてしまうのは、自分の肌に合った下地やファンデーションを選ぶことなどです。

しかし、本当に化粧の持つ容姿を良く見せる効果を働かせるには自分の肌に合ったものを選ぶのではなく、日々の中で過ごすことの多い照明の光の下で肌が白くなり過ぎない化粧の下地を選ぶようにすることになります。照明の光の種類によって肌は家の鏡で見る印象と違って見えるので、そこの点を注意して化粧することが必要となっていきます。

働いている人は白い光に照らされていることがほとんどなので、選ぶ化粧下地の色は光にあたった時に薄く見えないようにするようにします。それには実際の肌より濃い目の下地を塗ることであり、濃い下地を塗ることによってオフィスに使われている蛍光灯などでも顔が明るく見えます。

顔を明るく見せる効果を上げるには、濃い下地にするだけでなく赤みを出す下地も合わせて使うことです。赤さを出すと血色が良く健康的な印象が増すので、顔の明るさを引き立たせることができます。濃い下地を塗ったらピンクの下地も忘れずに塗ることで、照明で顔が白く見えることが防げます。

いままで自分の肌に合っているかで化粧の下地を選んでいた人は、選び方を変えることをおすすめします。照明の光の中でも顔が明るく見える効果があるかで、下地の色を決めるようにしましょう。化粧で外見を美しく見せたいと望んでいるのなら、照明の色を考慮して下地を選ぶことが大切です。