今話題の化粧下地はコレ!

水光肌を作るおすすめのクッションファンデの選び方とは

    

水光肌とはあまり耳慣れない言葉ですがどんな肌なのかご存知でしょうか。

そして、そんな肌を作るのにおすすめのクッションファンデの選び方についてじっくり考えてみましょう。

艶のある滑らかな水光肌は自分で作れる?

女性であれば美しく艶のあるみずみずしい肌は誰でも憧れるものですが、そんな肌を作るのにはしっかりと熟練のメイク技術がないとできないと思われている人も多いのではないでしょうか。

そういった肌は水光肌と呼ばれていることをご存知でしょうか。

最近はその水光肌が様々な美容雑誌やメディアでも注目を浴び話題となっていますが、実際にはどんなものなのかしっかりと把握できていない人も多いことかと思われます。

韓国の女性は肌綺麗なことで有名ですが、水光肌はオルチャンメイクの代表格であり艶があってみずみずしいだけでなく彫刻のように滑らかな肌は誰が見ても素敵な印象を受けることことでしょう。

ただ、自分の顔でそんな水光肌を再現するのは無理と最初からあきらめている人も多いのではないでしょうか。

あるいは、プロのメイクアーティストでなければ、自分でそんな綺麗なみずみずしい肌を作るのは無理とあきらめている人もいるかもしれません。

実は、そんな特別な技術がなくてもしっかりとポイントを押さえてメイクをすれば自分でも艶があってみずみずしい光輝く肌を再現することは可能なのです。

まずは、あまり水光肌について詳しくない人にとってどんなものであるのかをご紹介していきましょう。

そして、どんなメイク道具を使用してポイントに気を付ければ自分でも水光肌ができるのか、その肌を作るおすすめのファンデーションや種類、選び方についてもじっくり考えていきましょう。

水光肌とはどんなもの?作り方は?

では、実際に水光肌とはどんなものなのかというと韓国美女のようにその名の通り水分をたっぷり含んで内側から光を当てているかのようなみずみずしく美しい肌のことを指します。

まるで、生まれたての赤ちゃんのように水分を多く含んだ肌を作るのには肌の水分補給をしっかりと行うことが必要となります。

スキンケアの段階で肌に十分に水分を含ませてそのあとしっかりとメイクしていくことで水光肌を作ることが出来ると言えます。

そして、水光肌を作るのに重要なのは化粧下地です。

この化粧下地でみずみずしく光り輝く肌ができるかどうかの8割が決まると言っても過言ではないとされており、須高肌を上手に作るのに大切な化粧下地を選ぶポイントとしてはパール系やピンク系のものを選ぶのがコツです。

そして、しっとりしたみずみずしさを保つためにも仕上げのフェイスパウダーは極力使用しないようにするのも水光肌を作るポイントとですので押さえておきましょう。

ベースメイクをする際に手で広げていく人が多いと思われますが、水光肌を作るのであれば手ではなくメイクブラシを使用することをおすすめします。

その理由としては、手ではムラが出てしまったり、厚塗りになってしまう部分も出てきますがブラシで塗ることで厚塗りになり過ぎず均一にファンデーションを塗ることが出来るからです。

水光肌を作る仕上げとしてはベースメイクが終わったらハイライトとチークでしっかりと艶感を演出することです。

ハイライトはパウダータイプよりもクリームやオイルなどのテクスチャを使用するのが良いと言えるでしょう。

そして、チークは肌の血色を良く見せるために色が濃いレッドよりもフューシャピンクやコーラルピンクが良いと言えるでしょう。

水光肌を作るファンデーションの選び方

今度は、水光肌を作るためのファンデーションについて考えてみましょう。

水光肌を作るのに欠かせないのはクッションファンデです。

そもそもそれはどんなものなのかというと、本来はファンデーションを手やスポンジにしみこませながら使うものなのに対しすでにクッションスポンジに液状のファンデーションがしみ込んでいるため簡単に艶感やみずみずしさのある肌への仕上げてくれるファンデーションのことです。

最近では数多くのメーカーから販売されており、美容液成分が配合されているタイプも多いのでメイクをしながら同時に美容効果を高めることもできると言えます。

水光肌を作るのに良いクッションファンデの選び方としては、基本的にテクスチャやリキッドのしっとり感は同じだとされていますが、肌質に合わせて選んでいくのが良いと言えるでしょう。

乾燥肌の人の場合には、保湿成分が多めに配合されているものを選ぶのが良いですし敏感肌の人の場合には肌への負担が少ない成分で作られているものを選ぶのが良いでしょう。

また、紫外線対策としてSPFが高いものを選ぶとより効果的です。

水分量が多いために、夏場などの暑い時期は汗をかきやすく崩れやすくなることも考えられますので、付け過ぎた場合には軽くティッシュでオフするなどして工夫しながらメイクしていくようにしましょう。

加えて、普通のファンデーションよりも水分量が多いクッションファンデは2週間に一度専用のスポンジを洗うようにするのが良いとされています。

使う道具の衛生面にも注意して上手にメイクしていきたいですね。

水光肌を作るファンデーションの選び方

このように水光肌を作るのにおすすめのファンデーションについては理解できたかと思われますが、次は数多く販売されている中でもどんな商品がおすすめなのかについて考えてみましょう。

様々なメーカーから販売されているのでどれを選んでいいのかわからないという人も多いと思われますので、この機会にしっかりと把握して参考にしてみることをおすすめします。

老舗の化粧品メーカーである資生堂から初めて販売された「シンクロスキン グロー クッションコンパクト」は、一人一人の肌とシンクロしながらみずみずしい水光肌を作るのに効果的とされており、保湿成分としてアセチルヒアルロン酸Naなどを始め天然由来の植物成分が厳選配合されています。

SPF50・PA+++と高い日焼け止め効果が期待でき、エイジングケアクッションとして透明感のある水光肌を作ることができるとされている、ディーオルの「カプチュールトータルドリームスキンクッション」もカバー力と艶力を兼ね備えているので年齢肌を感じ始めた30代40代の肌にも良いとされています。

肌に負担が少ないとされているノンケミカル処方であるクリニークの「スーパー シティブロックBB クッション コンパクト50」も高い日焼け止め効果が期待できるので水光肌を作りつつ紫外線対策もばっちりできる敏感肌女性にもおすすめと言えるクッションファンデです。

比較的安価でありながらコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの美容成分を85%も配合しているドクターシーラボの「パーフェクトクッションファンデーション」は、極薄フィットのカバー力が自慢の水光肌を作るのに良いとされているファンデーションです。

これ以外にも様々な商品がありますのでまずは一度試してみてはいかがでしょうか。

いつもと違うファンデで魅力的な水光肌へ

韓国美女には欠かせない水光肌は、ちょっとした工夫とファンデーションの選び方で自分でも作ることが出来ることは理解できたでしょうか。

せっかくメイクをするのですから「みずみずしくて綺麗な肌をしている」と思われたいのは当然と言えます。

ファンデーションでありながらリキッドの要素も兼ね備えてそして美容成分も配合していることでまさに理想的なファンデーションと言えるクッションファンデは、誰でも簡単に水光肌を作ることが出来る要素を多く含んだ非常に便利なアイテムと言えるでしょう。

また、水光肌を目立たせるにはアイメイクはあっさりとナチュラルに仕上げるとより肌のみずみずしさが光ると言えますので、いつもはこってりアイメイクをする人もポイントを抑えつつ抑え気味にメイクをするとより映えると言えるでしょう。

もともとオルチャンメイクが好きな人はもちろん、芸能人やモデル、美容家などの間でも話題となり多くの人が試していますので、今まで水光肌メイクを試したことがなかった人もこれを機会に自分でも試してみてはいかがでしょうか。

艶があるのにみずみずしく、なおかつ彫刻のような滑らかな肌はミステリアスな雰囲気を演出するだけでなく、ナチュラルメイクのような艶感に男性はドキドキすることもあるでしょう。

周りの友達に差をつけて魅力的な肌になるためにも、ご紹介したファンデーションを利用しながら水光肌を作るのに役立ててみてはいかがでしょうか。