今話題の化粧下地はコレ!

化粧下地の手作りコスメのために防腐剤なども考えよう

    

化粧下地に使う手作りコスメなどは、作ったとしてもあまり長持ちしません。

防腐剤なども考慮して、ある程度の期間、使えるようにすることも大切ですが、天然素材の成分を生かすなら、防腐を考えず早めに使い切り、新しいものを作るようにしましょう。

化粧下地の手作りコスメは長期保存が厳しい

化粧下地として市販の化粧品を使用している方は、ちょっと費用がかかりすぎてしまうことに悩んでいることもあります。

また、肌の刺激などが強すぎることで悩んでいる方もいるでしょう。このような場合には、化粧下地用として手作りコスメにチャレンジしてみるというのも一つの手段です。

手作りならば、自分の肌質などをきちんと把握していれば、それにあったコスメを作ることも可能です。材料などもネットなどを利用して通販で購入することもできますし、成分の組み合わせや配合する量に関しても、ある程度自分で調べて知識を身につけることでそれなりのものを作ることもできるかもしれません。

ですが、化粧下地として手作りコスメを作るとしても、天然素材などの成分を配合するため、肌にとっては比較的刺激も少なく肌に優しいものが作れますが、長期保存をすることは厳しいでしょう。防腐剤などが入っていない状態では、短期間で使い切る必要がでてきます。無理に長期間使おうと思っても、雑菌の繁殖などにより肌トラブルを起こしてしまう可能性も高くなるため、無理に長期間使用しないほうが、自分の肌のためともいえます。

ですが、ある程度の期間は使用したいと考えると、もう少しなんとか方法はないものかと悩んでしまいます。

市販されている化粧品には、防腐剤なども含まれているものも多く、そのためある程度長期保存ができるため、手作りのものに関しても防腐剤を入れることを考慮してみてもいいかもしれません。

化粧下地の手作りコスメに防腐剤を入れる

化粧下地の手作りコスメとして作る場合には、いろいろと成分の組み合わせ、そして配合の量などを試行錯誤する方もいるでしょう。自分で作るということは、なかなか難しいものではありますが、いろいろと考えながら作るというのはそれなりに楽しいものです。いいものが作れれば自分の肌にあった化粧下地用として使えるものができますし、ちょっと真剣に取り組んでみようという方もいるでしょう。

また、長期保存などに関しても、ある程度考慮して、防腐剤などを入れてみることも考えてみましょう。特に夏場などは、気温、そして湿度も比較的高い時期といえます。そのため化粧下地用にと自分で作ったものを、きちんとした保管場所に保存しておこうとしてもすぐに駄目になってしまうこともあります。そのようなことを防ぐためにも、防腐剤を入れることを考える必要があります。

しかし、防腐剤を入れるということは、肌にとっては負担になることもあり、また、肌トラブルの原因になることもあるため、せっかく、化粧下地用として手作りコスメを自分で自作したのに、メリットとなる天然素材などによる、肌に優しいコスメということにならないのではない可能性もでてきます。

ですが、自分の生活状況やまた、手作りという点において、ゆっくりと自作することができないという方もなかにはいるでしょう。

そのため、ある程度、長期保存できるものを作りたいという方には、防腐剤という選択肢も必要になってくることもあります。

化粧下地の手作りコスメ、防腐剤の種類1

化粧下地として手作りコスメを作るにあたり、その成分の組み合わせなどもいろいろあります。また、自分の肌質にあわせて組み合わせを考え作る必要もあるため、材料に関してもいろいろと自分で知識を深める必要があるでしょう。そして、自分にあった配合を考え、パッチテストなども行う必要もあり、手作りといっても最初はかなり時間がかかってしまうかもしれません。

しかし、市販のものを使うよりも、それなりにメリットのあるものが作れれば、その後もコストパフォーマンスのいいものを作り続けることができるということです。そのため、最初はそれなりに苦労するかもしれませんが、妥協せずに自分の肌質に合ったものを作れるように、いろいろと調べてみることや、組み合わせなどを考えていきましょう。また、それにあわせて防腐剤なども選ぶ必要がありますが、防腐剤もいろいろなものがあるため、いくつかを紹介してみます。

グレープフルーツシードエキスなどは、グレープフルーツの種子からエキスを抽出、それにグリセリン、アスコルビン酸を配合して作られた防腐剤といわれています。適量を加えることで、ある程度コスメを長持ちされることができるといわれています。手作りの化粧品などによく用いられる防腐剤の一つです。

植物性抗菌エキスACEは、植物から抽出したエキスから作られた防腐剤です。ヨモギなどのエキスなどで、水を含んだ化粧品等に用いられます。

化粧下地の手作りコスメ、防腐剤の種類2

化粧下地のための手作りコスメとして、保存をするという点、衛生管理をしっかりとするという点も重要です。保存をする場所においては、直射日光を避けることはもちろんのこと、温度、湿度などにもある程度、気にかける必要があります。また、配合された成分によっては、冷蔵庫などで保管するというのも一つの手段です。

しっかりと保存をする場所などを決め、きちんとした保管をすることが、雑菌の繁殖を抑え、消費期限までしっかりと保存することができるポイントといえるでしょう。また、作ったコスメを入れる容器などに関してもしっかりと殺菌をすること、保存のためにきれいに消毒することも大切です。入れる容器にもよりますが、その容器によってはアルコールで除菌、煮沸などによる殺菌などを考慮してみるといいでしょう。衛生管理などもとても重要です。

このように、保管や衛生管理などもしっかりと行うこと、そしてこれに防腐剤なども加えることも考慮していく必要があります。

トコフェロールは、紅花やひまわりなどから抽出、また、大豆などから抽出したエキスによる酸化防止剤です。

ローズマリーオイルエクストラクトは、ローズマリーの葉から抽出したエキスでできた酸化防止剤です。

この二点は、オイル系のものに加えて使用する傾向があるため、作る手作りコスメによってどの防腐剤をいれるかなども、ある程度特徴にあわせて選択することも大切なことだといえるでしょう。

化粧下地の手作りコスメ自分にあったものを

防腐剤なども手作りコスメにおいて、長期保存などを考えるならば、それなりに重要ではありますが、基本的に手作りコスメのメリットとしては、肌に優しい、そして費用がそれなりに安く済む点などです。そのため、長期保存を考え、防腐剤を加えることにより、肌に対しての負担などを考えてしまうと、ちょっとメリットの部分が薄れてしまう可能性もあります。

肌に対して刺激がある程度強くなってしまうならば、手作りなどの手間を考えると、かえって市販のコスメを購入したほうがコストパフォーマンスがよくなってしまうかもしれません。

そのため、自分で化粧下地として市販されているものを購入し使ったほうがいいのか、または、自分で作ったコスメを使ったほうがいいのか、そして、自分で作る場合には、どのような組み合わせで肌に優しいものを作るか、それとも長期保存を重視したものを作るべきかなど、さまざまな点を一度、じっくり考えてみるのもいいでしょう。

基本的なことを考えるならば、自分の肌に負担がかからず、そしてきれいな肌を維持できることが一番重要です。肌に負担をかけないように、また、自分の肌の状態がきれいな状態を維持するためには、どのような選択をしたらいいのかを、よく考えて結論を出していきましょう。また、自分の生活状況によっては、長期保存を重視したいという方もいるでしょう。

その場合には、ある程度肌への負担がかかるのを納得のうえでそのような選択をすることも一つの手段です。