今話題の化粧下地はコレ!

化粧下地の順序って?詳しく解説

    

女性ならば、毎朝のメイクをやや億劫に感じている方も多いのではないでしょうか?面倒だからといって、お手軽メイクで済ませてしまうと、日中に何度もメイク直しをしたり、クレンジングでゴシゴシ擦らないと落ちなくなってしまう可能性があります。朝に丁寧にメイクを行えば、メイク直しの手間が無くなったり、メイクオフも簡単にスルッと落ちてくれるんですよ。肌へ触れる回数が少なくなると、自然と肌荒れなども防止できますよね。

丁寧なメイクには、ステップの順序を守り、相応のアイテムを使用する必要があります。詳しく解説していきますので、参考にしてみてくださいね。

洗顔後はすぐにスキンケアに移行します。化粧水、美容液、乳液、クリームの順序を基本とします。一つのステップがしっかりと肌に入り込んでから、次のステップへと進みます。最後のクリームでスキンケア成分をしっかりと肌に浸透させるために5分程度おいてから、メイクを行います。

まずは、日焼け止めを塗布していきます。紫外線による肌ダメージ、シミ、くすみなどを防ぎます。

日焼け止め成分の含まれた化粧下地もありますが、日焼け止め成分が入っていない場合、日焼け止めと化粧下地を混ぜて利用しても問題ありません。肌への負担を最小限に抑えるには、日焼け止め成分を含んだものを利用するのが良いかもしれません。化粧下地は、パッケージや説明書に書かれた分量と塗り方で、肌に塗布していきます。

近年、オールインワンジェルやBBクリームなど、少ないステップで何役もこなしてくれる時短コスメアイテムが続々と登場していますが、基本の化粧下地を丁寧に塗り込むことで、肌への負担を減らすことが出来ます。

この後に塗るファンデーションとのフィット感を高めて滑らかな肌ツヤを演出したり、化粧下地を土台とすることでそのほかのコスメアイテムが毛穴の奥へ侵入することを防ぎ、クレンジングでのメイク落ちを良くします。また、化粧下地が分泌された皮脂や汗を吸収し、化粧崩れが起きるのを防いでくれます。

「プリマヴィスタ」は、化粧崩れの原因となる皮脂や汗を強力に吸収し、長時間経ってもメイク直しの必要がないほどサラサラ感をキープします。色ムラの出やすいベースメイクを均一に滑らかに、そして色の補正をする役割もあります。丁寧なメイクを心掛けるなら、このステップを重要視しましょう。

化粧下地の中には、「シルキーカバーオイルブロック」、「マットスキンカバー」、「アクアゴールドBBクリーム」など、美容成分をたっぷりと含むものもあります。メイクしながらスキンケアが出来るため、肌に優しい使い心地です。コラーゲンやヒアルロン酸など、各メーカーこだわりの美容成分が含まれていますから、目的に合ったものを選びましょう。

また、「chouette(シュエット)美白BBクリーム」は、1本で美白美容液、クリーム、日焼け止め、ファンデーションまでこなすBBクリームですが、ノンケミカルの添加物を極力省いたコスメアイテムなので、肌に優しいのに、カバー力にも優れているため、ワンステップで時短にもなるアイテムです。

次は、ファンデーションを重ねていきます。パウダー、リキッド、クリームなど、様々な種類がありますが、肌への優しさを考慮するなら、なるべく香料、着色料、石油系など肌の負担となるような成分を含まないものを選びましょう。ベースメイクが完了したら、ポイントメイクに移り、メイク完了です。

メイクを長持ちさせ、スッキリと落とすなら、保湿を行った後の最初のステップが最も重要と言えます。少し手間になるかもしれませんが、後の手間を考えるならメイクの段階で丁寧に行うのが勧められます。