今話題の化粧下地はコレ!

色なしの化粧下地のメリットである美白効果について

    

化粧下地というと色のついたものをイメージする人も多いでしょう。

しかし、最近では色なしの下地が人気となっています。そのような下地には美白効果などのメリットがあるということです。

肌の色に合わせて選ぶ

ファンデーションが白くなって目立ってしまうことを気にしている人もいるでしょう。これは肌の色に比べてファンデーションの色が明るすぎるということや首の色と顔の色が違っていること、首の色に合わせたファンデーションだけを使っていること、肌の色味とファンデーションの色味が合っていないことなどが挙げられます。

透明感のある仕上がりを目指したいという場合、まずはファンデーションは首の色に合わせることがポイントです。首は顔よりも少し暗い色になっていることが多いです。顔に塗るのはすこし暗めな色になってしまいますが、そのような色を選んだ方が顔に合わせやすいというメリットがあります。

顔は日焼け止めを塗ることもありますし、美白などの対策もするでしょう。

しかし、首はどうしても日焼けしやすいですし、顔に合わせてしまうとファンデーションが白く浮いてしまうこともあります。ファンデーションを試す時には顎と首の境目に塗ってみるのがおすすめです。いくつかのファンデーションを塗って首の色に最も馴染むものを選びましょう。また最近は少し暗めのファンデーションを使うことが多いです。

ちなみに、もともと肌の色があまり白くない場合、ファンデーションを首の色に合わせると顔色が悪くなってしまいますし、首と同じ色のものを選んでしまうと顔色が悪く見えてしまうこともあるでしょう。その場合はハイライトで調節するのがおすすめです。

色なしのメリットとは

肌を綺麗な色に見せたいという場合、ラメ感のある明るめのルースパウダーを使ってみるのも良いでしょう。Tゾーンや顎のラインに使うと立体感を出す効果もありますし、首との違和感も少なくなります。また、透明の化粧下地を使うことにより、顔の暗さやくすみをカバーできるというメリットもあります。

赤ちゃんの肌は透明感があって綺麗なのですが、年齢を重ねると肌トラブルなども増えてきます。特に女性の場合は更年期になると女性ホルモンの分泌量が増えてしまいますし、肌のハリや皮脂量の分泌なども変化します。それによって肌の調子も急激に変わってきますし、肌の悩みを重ねている人も多いでしょう。

そのような時に役立つのが色なしの化粧下地であり、透明感のある肌をサポートしてくれるということです。年齢を重ねるとくすみやシミなどの悩みが出てきますが、色のついた化粧下地を使った方がカバーできそうだと考えている人もいるでしょう。確かにピンクの化粧下地は血色を良く見せることができますし、グリーンの化粧下地はニキビなどの肌トラブルをカバーする効果が期待できます。

色なしの化粧下地は色がついているもののようなカバー力はありません。しかし、色なしの化粧下地でも肌を綺麗にするというメリットがあります。色なしの化粧下地はテクスチャが毛穴に入りこむことにより、毛穴をカバーすることができますし、肌の色を明るく見せることもできるのです。

顔を立体的に見せるなら

色なしの化粧下地は色のあるものとは違い、厚塗りしている感じがないので透明感のある自然な肌を作れるようになることがメリットです。肌の悩みが多いと下地をたくさん重ねたくなるかもしれません。しかし、厚塗りをするとメイクが浮いてしまう原因になるので注意しましょう。

年齢を重ねると化粧品の馴染みも悪くなってしまうため、ナチュラルなメイクを心がけた方が良いのです。まずは色なしの化粧下地を顔全体に使い、肌トラブルの気になる部分だけコンシーラーでカバーすると良いでしょう。

それによって透明感のある肌を作れるというメリットがあります。下地は基本的に顔全体に塗っていくことになりますが、顔の中心から外側に向かって伸ばしていくことにより、ムラなく塗っていくことができるのです。また、下地は首やデコルテ付近まで伸ばすのが良く、顔と首のカラーに一体感が出るので顔だけ白く浮いてしまうのを防ぐことができます。

ナチュラルメイクを目指すなら下地の量を少なくして塗りムラに注意しましょう。下地の上から気になる部分にコンシーラーで塗り、軽く叩くようにして馴染ませればベースメイクは完成します。また、ハイライトを使うという方法もあります。ファンデーションを塗った後に鼻筋や目の下などにハイライトを使うことにより、塗った部分が明るくなりますし、顔を立体的に見せることができるでしょう。

ハイライトは少しだけ使うことがポイントです。

化粧下地の使い方とは

色なしの化粧下地はピンクやグリーンなど色のついたものよりもカバー力が低いとされています。しかし、透明なので厚塗り感が出てしまうことはありませんし、毛穴やくすみをカバーしながら透明感のある肌に仕上げていくことができるのです。シミなどの悩みが気になっている場合、その部分をコンシーラーでカバーしながら色なしの化粧下地を使っていくと良いでしょう。

色なしの化粧下地は基礎化粧品の後に使うものであり、少量を顔に伸ばして使っていくことになります。下地にはファンデーションを肌に密着させることにより、化粧持ちを良くするという効果があります。また、紫外線や乾燥などの外的刺激から肌を守る効果もありますし、ファンデーションが毛穴に溜まってしまうのを防ぐ効果もあるため、しっかり塗るようにしましょう。

また、メイクを落としやすくする効果もありますし、肌を守ってくれるアイテムなのです。化粧下地には肌の保護作用がありますし、中には保湿成分の含まれた下地などもあります。そのため肌の状態に合わせて選んでいくと良いでしょう。下地は洗顔後に化粧水で毛穴をしっかり引き締めてから使うことがポイントです。

下地は顔の中心から外側へ向かって伸ばしていくことになりますが、塗りムラや塗り残しがないようにしっかり伸ばしていきましょう。白くなって肌にしっかり馴染んでいないと化粧崩れの原因になってしまうため、指で丁寧に伸ばすことがポイントです。下地を塗ったら乾くのを持ってからファンデーションを塗りましょう。

化粧下地の効果について

色なしの化粧下地は化粧ノリを良くするだけでなく、肌を保護する効果もあります。UV効果のある下地なども多いのですが、UV効果がない場合は日焼け止めクリームを混ぜて使っても良いでしょう。ベタつきが気になる場合、塗り過ぎている可能性があります。適量は商品によって異なっているため、正しい使うい方をしっかり確認しておきましょう。

化粧下地はスキンケアと日焼け止めの後に塗ることになります。肌の表面を整えることでファンデーションを密着させるという役割がありますし、ファンデーションの前に塗ることでその効果を発揮してくれるのです。ちなみに、日焼け止めのタイプによっては下地の後に塗った方が良いこともあり、下地の上に日焼け止めを塗ることで化粧崩れを防ぐことができます。

下地はつけすぎないことが大切であり、少量でもしっかりと効果を発揮してくれます。多すぎると逆に化粧崩れの原因となってしまうので注意しましょう。ちなみに、少し温めてから塗ると肌によく馴染みます。最初はTゾーンから額の中央においた下地を、生え際に向かって伸ばしていきましょう。鼻筋を滑らせながら小鼻に伸ばしていくのがおすすめです。

頬は円を描くように伸ばしていき、顎の部分は下から上に伸ばしていきましょう。毛穴を埋めるようにして肌に馴染ませていくことがポイントであり、目元や口元はよく動くので薄めに塗ることがコツです。美白効果のある色なしの化粧下地のメリットをチェックすると良いでしょう。