今話題の化粧下地はコレ!

暗い夜や照明の下では明るめの化粧下地で顔色良く見せよう

    

周りが暗い夜でも素敵に見せるためには、お店の照明も暗いのでそれに合わせたベースメイクが必要です。

明るめの化粧下地を使って顔色をぱっと明るく見せるようにしましょう。

照明に合わせて化粧下地を選ぶ

雰囲気のあるお店に入ると、薄暗い照明がよく使われています。こういった暗めの場所にいると、いつもと同じベースメイクをしていると印象が暗く見えてしまいます。輪郭自体がぼやけて見えたり、立体感のないのっぺりとした印象に見えます。

また、かなり暗い照明のところでは目のくまやたるみ、また影が出来てしまい老けたように見られます。ベースメイクとアイメイクは必ず夜は変えるべきです。そのため、暗い照明のところに行く日には影を作らないように済むような、明るく見える印象にする必要があります。

いつも通りの明るい照明の場所であれば特にいつもと変わらないベースメイクで問題ありませんが、暗い照明の場所ではいつもより顔色が明るく見えるような化粧下時を選びましょう。

今流行っているツヤ感の強いベースメイクのアイテムはお昼の時間帯に使うと健康的でいいのですが、暗い照明のところにいるとテカっているように見えてしまいます。

その為、暗い夜の時間帯にはマットな質感のものがおすすめです。肌のくすみやムラを均一に出来るような効果のある化粧下地を使うようにしましょう。

ツヤ感のある化粧下地はたくさん展開されていますが、マットなものはなかなかありません。おすすめなのは、macの化粧下地です。保湿効果もありながら、マットな質感なのでヘルシーな美しい肌を作り出すことができ、夜の照明が暗い場所でも明るい印象の肌をつくることが出来ます。

家でメイクした時と印象が違うときの改善策

たまに家でメイクしたときには完璧だったのに、外でチェックしてみると何か印象が違う、ということがあります。

そういった場合、大抵は家の照明と外の照明が色が違うことが原因です。メイクをするとき場所はあまり気にしないですが、実はメイクするときの場所はとても大事です。

外のほうが多くは照明が明るく、家では暗い場合が多いです。また、オレンジがかった照明も色が違って見えます。暗いところでメイクをすると、明るいところでするよりも濃くなってしまいがちです。

ベースメイクは厚くぬりがちですし、アイメイクやチークも発色がいまいち分からず濃くぬってしまうものです。特にベースメイクはのっぺりとした濃い仕上がりになってしまうので、出来るだけ明るい照明のところでメイクするようにしましょう。

また、洗面所でメイクする人も多いですがその時は必ずお部屋そのものの照明もつけるようにしましょう。洗面台の照明だけつけると、上からの明かりだけになるので顔の下半分が暗く見えます。

そのため、顔の下に影が出来てうまくメイクができないです。また、鏡は顔全体がすっぽり写るものを使いましょう。小さめの鏡を使うと1箇所ずつのパーツしかメイクが出来ないので、全体のバランスをチェックすることが出来ません。

また、角度にもよりますが暗く見えがちです。出来るだけおうちの中の自然光のあたる場所でメイクをすれば、外に出てからも違和感がないメイクをすることが出来ます。

暗い場所で過ごすなら化粧下地はここに注意

暗い場所で過ごすなら、化粧下地は顔色が良く見えるようなものを選びましょう。メイク崩れと暗い照明で、特に目のクマが目立ってしまいがちなのでコンシーラーの効果があるものもおすすめです。

また、肌がイエローベースの人は夜になるとさらに顔が疲れたように見えがちなので、ラベンダーなどの色のベースを使いましょう。

イエローの反対のラベンダー系の化粧下地を使うことで、ブルーベースのような透明感のある肌になります。もちろんお昼のメイクにもおすすめですが、夜にするとさらに効果が発揮され、暗いところでも爽やかな仕上がりになります。

おすすめのアイテムとしては、ドラッグストアで買えるプチプラアイテムであれば、レブロンのフォトレディプライマーです。

1500円とリーズナブルな価格ながら、光を屈折、反射させてくれ気になる部分を目立たなくしてくれます。凹凸やムラのない肌にしてくれ、肌にラベンダー系の白さをプラスしてくれます。女性らしく、上品なお肌になる便利なアイテムです。

デパートコスメだと、ポールアンドジョーのラトゥーエクラファンデーションプライマーがおすすめです。さらさらとしたテクスチャーで肌にすぐにフィットし、パール感があるので適度に肌が艶めきます。

こちらもラベンダー系のベースカラーなので、透明感がとても演出できます。肌をキメ細かく美しく整えつつ、色のトーンも補正できるとても魅力的な化粧下地です。

つけ方にも一工夫してみよう

夜暗い場所に行くときに注意したいこととしては、まず化粧下地をぬるときには厚くならないように薄づきにつけることです。夕方から出かけるときには照明が暗いので厚くなってしまいがちですが、厚くならないように注意しましょう。

また、朝からメイクしていて夜に暗い場所に行くときには透明感を高める方法として、フェイスパウダーも透明感が高いものを使いましょう。肌のシミを隠すというよりも、明るさを増すようなものを使うのがおすすめです。

また、1番おすすめなのはプロのスタッフに一度タッチアップしてもらうことです。プロは昼と夜でメイク方法を変えることももちろん知っているので、自分の肌質に合わせてメイクしてくれます。

化粧下地はつけ方や、つけるときに使うアイテムでも仕上がりがかなり違います。全体的にナチュラルに仕上げるためには、ぺったりと顔全体をカバーするようにぬるのではなく、フェイスブラシを使ってささっとぬるようにしましょう。

メイク直しをするときもパフでしっかりぬるよりは、色を少しずつのせていくようにブラシでつけるのがおすすめです。

ベースメイクはどうしても全てパーフェクトにしないといけないと思いがちですが、実はそうではありません。後からハイライトで色をとばしたり、チークなどで色をプラスしてバランスをとることも可能です。

化粧下地はあくまでナチュラルに、薄くのばすようにつけるのが、おすすめです。

夜の化粧下地はちょっと注意が必要

夜からお出かけするときには、化粧下地は朝メイクするときと違った使い方をしましょう。朝と夜では全然違った印象になります。

朝使うにはぴったりのアイテムでも、夜使うと濃く見えてしまうものもあるので、夕方からお出かけするときには違う化粧下地を使うとさらにいい仕上がりにすることが出来ます。

朝にはツヤ感の強いパール系のもの、夜はカバー力が高いマット系のものがぴったりです。また、写真を撮ったときにも変に浮かないですし、きれいに写ります。

もとから色が黒かったり、日焼けをしていたりする人はあまり変わらないのですが、ちょっと肌が疲れていてくすみ、くま、シワなどで悩んでいる人は注意が必要です。

夜は暗い照明のところで気になる男性とデートをすることも多いです。朝から1日デートするときには夜になる前に一度パウダーで透明感をプラスして、夜からデートするときには明るく見えるような若々しいベースメイクを心がけましょう。

また、夜に化粧下地を使わないのは非常にリスクがあります。夜こそ肌の難が出てくる時間帯ですので、必ずファンデーションをぬる前に下地を使うようにしましょう。

夜しか出かけないからいいや、といって省略するとすぐに暗い顔色に見えてしまいます。照明の色が違うと自分の顔の印象はおもった以上に変わるものです。

メイク直しは出来るだけ小まめにして、暗いところへ行くときにはその前に対策をしておくのがおすすめです。