今話題の化粧下地はコレ!

肌荒れの原因は化粧下地?手作りコスメで注意したい点とは

    

肌に負担をかけないと評判の手作りコスメですが、作り方や成分によっては肌荒れを起こしてしまうことがあります。

化粧下地を作る時には、容器の消毒や保管方法を守ってトラブルの発生を防ぎましょう。

手作りコスメが肌荒れを招く?

簡単に手作りできて、肌にやさしいと評判の手作りコスメ。市販のコスメに配合されている成分で刺激を受けてしまう肌でも、自然由来の成分を中心にした手作りコスメなら安心して使えると評判になっています。

しかし、その一方では手作りの化粧下地を使い続けていて、肌トラブルが多くなってしまうケースもあります。市販の化粧下地は製造してからすぐに使用するわけではないので、品質を保持するための合成保存料を配合している物が多くなっています。手作りコスメの場合は、できるだけナチュラルな成分を使いたいと考えて作る方が多いので、合成保存料を入れることはほとんどありません。

そのため、市販の化粧下地と同じような使い方をしていると、肌荒れを起こしたり、肌がかゆくなったりすることがあります。

ですから手作りコスメを使う時には、市販のコスメよりも慎重に取り扱う必要があります。天然由来の成分は肌にかかる負担が少ない点が魅力ですが、使い方や保管方法を間違ってしまうとトラブルを招いてしまい、肌がダメージを受けてしまうケースもあります。

手作りの化粧下地は簡単に作れますが、作った後の取り扱いは市販のコスメよりも大変なので、取り扱いに気を配って肌荒れを起こさないようにしましょう。好きな材料を選んで肌に合った化粧下地が作れるところが手作りコスメの醍醐味ですが、使用後の肌荒れを防ぐためにはどのような点に注意したらよいのでしょうか。

化粧下地のパッチテストで安全性を確認

手作りした化粧下地を使う前に、必ず実施したいのはパッチテストです。「天然由来の材料しか入れていないので大丈夫」といった油断は禁物です。なぜなら、肌のために配合した成分でも、体質によっては肌荒れや炎症を起こしてしまう可能性があるからです。使用した材料が、農薬を使用していないオーガニック成分だったとしても安心できません。

体質によっては、植物に含まれている成分で肌荒れを起こすこともあります。手作りコスメでは、植物から抽出した精油を使うことがありますが、それが原因でアレルギー反応が起きるケースもあります。

花粉症になっている場合、同じ種類の植物の精油で肌荒れを起こす可能性もあります。例えば、優しい香りと保湿効果で人気の高いカモミールですが、ヨモギやブタクサにアレルギーのある方は使用を避けた方が良い植物です。カモミールとヨモギ、ブタクサは同じキク科なので、肌荒れを起こす可能性が高くなります。

化粧下地で肌荒れを起こすと大変なので、顔に塗る前に必ずパッチテストを済ませておきましょう。化粧下地が完成したら、腕の内側などに薄く塗って乾かします。塗る範囲が狭すぎると反応がよく分からないこともあるので、大体10円玉くらいの大きさに塗りましょう。

そのまま48時間ほど放置して、赤みやかゆみが発生しなければ、安心して使えます。パッチテスト中に入浴する時は、洗い流してしまわないように、腕にビニールなどを巻いたり、防水タイプの絆創膏を貼ったりしてガードしておきましょう。

 容器と道具を消毒して菌の繁殖を防ぐ

化粧下地を手作りする時には、使用する道具や容器を清潔にしておきましょう。

汚れた状態で使用していると、そこから菌が繁殖して肌荒れを引き起こすこともあります。化粧下地を入れる容器は使い回しの物でも良いのですが、中身を入れる前に必ず石鹸などで洗浄しておきます。水気が残っているとそこから菌が繁殖することもあるので、完全に乾かしてから化粧下地を入れるようにしましょう。

耐熱性のあるガラス製の容器に入れる場合は、煮沸消毒が最適です。煮沸消毒のやり方ですが、まずは洗剤で容器を洗います。鍋に容器が隠れるくらいの水を入れて、その中に容器を入れて5分以上沸騰させます。その後やけどしないように、トングなどを使って鍋から容器を取り出し、清潔なタオルの上に置いて乾かします。

耐熱性のない容器の場合は、消毒用のエタノールを使って容器を拭いた後、自然乾燥させます。乾燥させた後汚れた手で触ってしまうと菌が付着してしまうので、消毒後は内側の部分は触らないようにしましょう。材料を計量する時に使うスプーンやカップ、かき混ぜ棒などの道具も一緒に消毒しておくと清潔な状態で作れます。

そして、短い期間で使い切れる量を作ることも、肌荒れを防ぐポイントになります。一度にたくさんの化粧下地を作ってしまうと、使い切るまでに品質が劣化してしまいます。特に水分が多くて保存料を入れていない化粧下地は菌が繁殖しやすくなっているので、なるべく早めに使うようにしましょう。

使いやすく改良して肌荒れを防止

お気に入りの成分を加えて手作りした化粧下地でも、使っているうちに肌に違和感が出てくる場合があります。パッチテストでは問題がなかったとしても、使い続けている間に肌が荒れてくるようなら、無理をしないで使用を中止しましょう。

使用中にトラブルが発生する原因で考えられるのは、成分の配合量が多過ぎることです。薬の量が多過ぎると毒になるのと同じように、分量が多過ぎると肌に刺激を与えることがあります。分量を減らして濃度を下げることで肌荒れが治まることもあるので、配合量を調整しながら作ってみましょう。

また、直射日光が当たる場所や高温多湿な場所に放置しておくと、品質が劣化して肌荒れを起こすこともあるため、冷蔵庫か日陰の涼しい場所で保管しておきます。品質の劣化が気になるような場合は、防腐効果のある天然素材を入れるという方法もあります。

グレープフルーツから抽出したGSEは、菌の繁殖を抑える働きがあるので、水分量の多い化粧下地を作りたい時に最適な成分です。ローズマリーには酸化を防止する働きがあるので、オイルをたっぷり含んだ化粧下地に向いています。

このような天然の保存料は、ナチュラルな手作りコスメに適している成分ですが、他の美容成分と相性が合わない場合もあるので、全ての手作りコスメに使用できるわけではありません。アルコール系の成分には防腐剤の役割があり、低刺激で肌に潤いをもたらす物もあるので、化粧下地に加えると使いやすくなることがあります。

素材にこだわらずに使いやすい物を選ぶ

手作りコスメの魅力は、新鮮でナチュラルな成分を肌に与えられるところですが、作り方や保管方法によっては、品質が劣化して肌に悪いコスメに変わってしまうことがあります。肌荒れなどのトラブルが発生したとしても全て自己責任になってしまうので、市販の化粧下地よりも手間がかかることは確かです。

手作りコスメは保存料を使用しないで使うことが多いのですが、保存料入りのコスメの方が品質が安定するので肌に負担がかからない場合もあります。少し加えるだけで保存できる期間がかなり長くなるので、少量の化粧下地を何度も作るのは面倒だという方にも向いています。

手作りの化粧下地を快適に使うために実施したいのは、道具の消毒とパッチテストです。この時点で問題がなければ、大きな肌トラブルを避けられます。

使用していて刺激などを感じた場合は、無理して使い切ろうとしないですぐに使用を中止しましょう。レシピ通りに作ったとしても、肌の状態は人それぞれなので、肌質によっては合わないことがあります。

レシピよりも分量を少なくすると使いやすくなるケースもあるので、色々アレンジしてみて肌にあった手作りコスメを完成させましょう。

ただ、複数の成分を加えるオリジナルコスメは、成分同士の相性も関係してくるので、手作りに慣れていない間は避けた方が無難です。新しい成分を加えた場合には、毎回パッチテストを実施してから使うようにすると安心です。