今話題の化粧下地はコレ!

化粧下地を使ってメイク上手になる流れ

    

メイクが崩れやすかったり、肌の色やむらが気になったりする人、肌の乾燥やぱさつきが気になるという人に使ってほしいのが化粧下地です。化粧下地を使うことで、肌の表面を滑らかに整えたり、肌の色を均一に整えたりすることができるので、ファンデーションがきれいに塗れるようになり、メイクが崩れにくくなることがメリットです。

肌の質感や色を整えることで、メイクを厚くする必要がなくなるので、ナチュラルメイクで自然な美しい肌を演出できたり、メイクの崩れを起こしにくくなることも大きなメリットです。

きれいにメイクをするために、大切なのがスキンケアです。ナチュラルできれいな肌になるためには、肌がしっとりと潤っていることが重要なポイントになります。保湿をすることは、化粧の前には面倒に感じるかもしれませんが、ポイントをおさえると毎日簡単にできて、メイクののりがとても良くなるので試してみてください。

洗顔後すぐに、コットンにたっぷりの化粧水をとって、肌になじませていきます。顔全体になじませたら、コットンに化粧水を足して、ふたつにさいて、目の下から頬にかけての部分に貼り付けます。

そのまま、歯を磨いたり、コーヒーをいれたりして3分から5分経ったら、コットンをはがして、顔全体にコットンを軽く押しあてるようにパッティングしたら、美容液や乳液を塗るのが、メイクののりが良くなるスキンケアの流れです。毎日の習慣にすることで、簡単にできるようになるのでおすすめの方法です。

スキンケアができたら、化粧下地を肌に塗っていきます。両方の頬に付けた後、指に残っている少量をおでこと鼻、あご先に付けます。指の腹を使って軽くたたくようになじませたら、両手で包み込むように手のひらを押し当てて密着させます。このひと手間で、ファンデーションがきれいになじむようになるので、ぜひ試してみてください。

肌がしっとりとして、自然な輝きが出たら、ファンデーションを薄く塗っていきます。肌がきれいに整っていると、毛穴やキメの乱れが気にならないなめらかな肌に仕上がるので、ナチュラルメイクで十分です。濃いシミが気になるという人は、シミの部分にだけコンシーラーを塗ってカバーすることが崩れにくいナチュラルメイクのポイントです。

もっと手軽に化粧をしたいという人には、化粧下地が含まれていて、ナチュラルに仕上がるBBクリームがおすすめです。BBクリームは、1本でメイクが完成する手軽で便利なメイクアップアイテムで、保湿力に優れている物が多く、しっとりとした輝きと厚塗り感のないナチュラルな仕上がりが特徴です。

手間や時間をかけずに、簡単に使うことができて、仕上がりもきれいなので、愛用している人も多く、大変人気があるアイテムです。BBクリームを使った後のてかりが気になるという人は、薄くフェイスパウダーを使うことで、てかりをおさえながら、メイクのもちも良くすることができるので、かるくフェイスパウダーを顔全体にブラシやパフを使ってつけることがおすすめです。

化粧下地を使うことで、肌の表面のおうとつや色が均一に整うため、メイク上手になることができ、メイク直しも簡単になります。崩れが気になる夏などには、目から下の崩れが気になる部分に、下地をなじませてティッシュやコットンで軽くふき取ると、メイクとなじんで崩れが目立ちにくくなるので、フェイスパウダーで仕上げをするだけで、簡単にメイク直しをすることができます。

頬の中心部分をきれいに直すだけで、崩れが目立ちにくくなり、気になるくすみも目立ちにくくなり、時間の短縮にもなるので、外出先でも重宝することが、保湿とカバーの両方ができる下地の魅力です。