今話題の化粧下地はコレ!

化粧下地を上手く選ぶことで肌の黄ぐすみをカバーできる

    

肌のタイプは人によって異なっていますが、黄ぐすみが気になっているなら化粧下地の選び方を知っておくと良いでしょう。ブルー系の下地ならしっかりカバーすることができます。

化粧下地で悩みをカバーする

肌のくすみは大きく分けて3つのタイプに分けられるのですが、くすみに合わせた化粧下地を選ぶことにより、悩みをしっかりカバーして綺麗に見せる効果が期待できます。顔の黄ぐすみで悩んでいる場合、パープル系の下地を選ぶのがおすすめです。それによって黄ぐすみをカバーすることができますし、肌を綺麗に見せることができるでしょう。パープル系の下地を重ねることで透明感を演出することもできます。また、全体的にくすみが気になる場合はイエロー系の下地を使うと良いでしょう。顔色が悪く見えてしまう場合、乾燥が原因になっていることもあります。皮膚は水分と油分のバランスが崩れてしまうと硬くなってしまいますし、ツヤが無くなってしまうとされています。乾燥してしまうと古い角質が溜まりやすくなりますし、黄ぐすみが気になってしまうこともあるのです。乾燥によるくすみが気になる場合、まずはしっかりと保湿ケアを行うようにしましょう。洗顔後はすぐに化粧水をつけ、乳液やオイルで水分を閉じ込めることがポイントです。肌は保湿ケアを行うことでふっくらとしますし、くすみなどのトラブルが起こりにくくなるのです。日差しをたくさん浴びるとメラニンが作り出されてしまいますし、これがくすみの原因になってしまうこともあります。メラニンはもともと皮膚を守るために必要なものなのですが、作られ過ぎるとくすみを引き起こしてしまうことになるのです。日焼けによるくすみを防ぎたいという場合、まいにちしっかりと日焼け対策を行いましょう。

黄ぐすみの原因について

糖化は肌を黄ぐすみさせてハリや弾力を低下させてしまうことなのですが、何が原因で起こってしまうのか知っておくと良いでしょう。糖化とは体内のタンパク質や脂質が糖と結びつく現象のことであり、体内のタンパク質や脂質は血液中の余分な糖分と結びつくことにより、老化を促進させる物質を作り出すと言われています。皮膚が全体的に黄色くくすんでいる人やハリや弾力がなくなってきたという人、美白化粧品の効果が出ない人、甘いものが好きな人、野菜をあまり食べない人などは糖化が起こっている可能性があるので注意しましょう。糖化が加速すると皮膚の全体がくすんでしまいますし、透明感のない状態になってしまいます。また、乾燥やシワ、たるみなどの原因になってしまうこともあるので注意しましょう。糖化の最大の原因は過剰な糖の摂取と言われており、過剰に糖を摂取すると血糖値が上昇しています。糖は生きていくために欠かせないものなのですが、摂取しすぎるのも良くありません。過剰に糖を摂取した血糖値が急上昇した場合、体を血糖値を下げようとします。しかし、血糖値が急激に上がり過ぎると体内で処理することが難しくなりますし、血糖値が高い状態が続くと糖化が促進されてしまうのです。それによって皮膚にも影響が出てしまうことがあるので注意しましょう。糖化の原因になるのは甘い物や炭水化物、清涼飲料水、揚げ物、炒め物などであり、できるだけ避けた方が無難です。

ブルー系の化粧下地が良い

最近ではナチュラル感のあるベースメイクが主流となっており、くすみなどのトラブルをファンデーションの厚塗りでカバーするのは良くありません。なるべくファンデーションを使わないで仕上げたいという場合、下地がポイントとなります。部分的なシミや色ムラはコンシーラーを使って隠すこともできますが、全体的な色を整えたい場合はカラーコントロール機能のある化粧下地を使うと良いでしょう。普通の化粧下地はファンデーションを塗る前につけることが多く、皮膚の表面を滑らかに整えることでファンデーションのノリを良くする効果が期待できます。紫外線防止機能がついている化粧下地の場合、別に日焼け止めを塗る必要がないので便利です。また、時間が経つと化粧崩れが気になる人もいるかもしれません。しかし、そのような化粧崩れを防止してくれる下地などもあります。自然な仕上がりの肌を目指す場合、色ムラのない均一なカラーの下地を使うことがポイントです。部分的なシミだけでなく全体的なくすみをなくすことも大切です。特に黄ぐすみというトラブルで悩んでいる場合、化粧下地を上手く使わないとなかなかカバーすることはできません。黄ぐすみを軽減して肌を綺麗に見せたいという場合、ブルー系の下地を使うのがおすすめです。ブルー系の化粧下地が向いているのは黄色味の強い肌色であり、日本人の女性は黄色っぽい肌の人が多いので試してみると良いでしょう。

日焼け止めにも使える化粧下地

日焼け止めを化粧下地の代わりとして使っている人もいるでしょう。しかし、化粧下地というのは重要なアイテムと言われています。下地を使用することでファンデーションのフィット感がアップすることはもちろん、化粧崩れを防止する効果も期待できます。また紫外線などの外的な刺激から肌を守ってくれる効果もありますし、下地をしっかりと塗ってからファンデーションを塗ることにより、ファンデーションが毛穴に入り込むのを防ぐ効果もあるのです。それによってメイク落としが簡単になるというメリットもあります。化粧下地はくすみのカバーにも欠かせないアイテムであり、カラーコントロール機能のある下地を選ぶと良いでしょう。カラーコントロール機能のある化粧下地とは、毛穴を隠す効果や日焼け止めなどの役割も果たしてくれるアイテムであり、一般的な下地に色のついたものとなっています。 グリーンやイエロー、ピンクなどの色がついていることが多く、皮膚の色ムラをカバーして補正してくれる効果があります。しかし、色のついた下地が多くつけすぎると浮いてしまうこともありますし、少量ずつを手で乗せていくことがポイントです。くすみに効果的なコントロールカラーはくすみの種類によっても変わってくるのですが、黄ぐすみにはブルー系やパープル系の下地がおすすめです。そのような下地を使うことで透明感のある肌を演出してくれますし、上品に見せる効果も期待できるでしょう。

化粧下地で悩みをカバー

血行が悪くなると顔色が暗くなってしまいますし、くすみが目立ってしまうこともあります。血色を良くするためには血行を良くすることが大切であり、入浴や軽い運動などを取り入れることがポイントです。ちなみに、肌のリズムは睡眠中に整えられると言われており、睡眠不足だとリズムが乱れてしまうこともあります。リズムが乱れると古くなった角質が剝がれ落ちにくくなりますし、肌の色をくすませてしまう原因になってしまうこともあるので注意しましょう。また、年齢を重ねることでリズムが遅くなってしまいますし、くすみに繋がってしまうこともあります。肌のために十分な睡眠を取りたいという場合、眠りに入る前の環境をしっかり整えていきましょう。黄ぐすみで悩んでいるならブルー系の化粧下地を使うと良いのですが、下地は基礎化粧品をつけた後に塗ることになります。ちなみに、たくさん使いすぎると不自然な顔になってしまうこともあるため、適量の使用を心がけましょう。下地は眉上や鼻筋、頬の高い位置などに置くことがポイントであり、少しだけ乗せたら自然に伸ばしていくのがおすすめです。くすみは化粧によってカバーすることもできますが、化粧の前にしっかりと保湿をすることも大切です。しっかりと保湿ケアを行ってからメイクをすることにより、気になる悩みをカバーできるのです。また、部分的なトラブルに対してはコンシーラーを使うのもおすすめです。