今話題の化粧下地はコレ!

化粧下地で色むらをカバーするおすすめの色味や選び方

    

化粧下地で色むらをカバーしてお肌の色味を調節しておくと、メイクをした時に美しいお肌に仕上げることができます。

綺麗なお肌を作るためにもおすすめの化粧下地の選び方があります。

美しいお肌を作るためおすすめの化粧下地

どんなに綺麗な顔立ちをしていても、お肌にハリがあって若々しくても、シミやくすみ、色むらなど、素肌の色味のバランスが悪ければ、実年齢よりも老けて見えたり、綺麗なお肌を演出することはできません。メイクをする時に、化粧下地でしっかりとお肌を整えて色味をコントロールすることで、後からつけるファンデーションを美しく見せることができます。

特に化粧下地にカラーがついたコントロールカラーは、お肌の悩みである色むらを修正してくれて欠点をカバーしてくれます。普通の下地は無色のものやお肌に近い色味で、お肌にのせても色を感じることはほとんどありませんが、コントロールカラーはお肌につけると色味を感じることができます。

しっかりとメイクしたのにお肌がくすんで見える、欠点が隠せない、などの悩みがある場合は、日々のスキンケアでのお手入れも大切ですが、自分に合った化粧下地をもう一度見直してみるとよいです。人は加齢や肌トラブルで赤ちゃんのお肌のように素肌の状態が均一であることが難しくなります。

そのため、自分に合った化粧下地をつけることで、お肌の色を調節してムラのない整ったお肌を作り出してくれます。また、お肌の全体に塗るのではなく、気になる部分に塗るだけでも効果を発揮してくれます。今までコントロールカラーを使用せずに、肌トラブルが解消されていなかった方は、欠点をカバーする色味のコントロールカラー使用することでお肌の悩みが解消される効果が期待できます。

色むらができる原因について

人は生まれた時のような均一の美しいお肌を保ち続けることは難しいです。小鼻の赤みや口元の黒ずみ、お肌のくすみやトラブルなど色むらには様々なパターンがあります。小鼻は、毛穴が気になったり皮脂が気になったりと洗顔をしっかりと行ってしまいがちです。

綺麗にしようと刺激を与えてしまうと、皮膚が過剰に反応して赤くなってその赤みが引かないことがあります。お肌の全体のくすみや赤ら顔の主な原因としては血行不良やターンオーバーの乱れが考えられます。ターンオーバーが乱れると、古い角質が剥がれ落ちずにお肌に留まってしまうので角質が厚くなりキメが乱れたりしてお肌に色むらとなって表れます。

また、血行が悪くなりやすい寒い時期には特に目立ちます。口元の黒ずみは、飲食や会話の際に日焼け止めやファンデーションが落ちやすく、紫外線などの外からの刺激を受けやすいです。マメにケアすることを忘れがちなので、乾燥してターンオーバーが乱れやすいので、色素沈着や老廃物がたまることでくすみやすくなります。

化粧下地などのメイクでカバーすることでお肌を綺麗に見せたりすることはできますが、日々のケアとして、保湿効果の高い成分が配合された化粧水や美容液を使用したり、生活習慣を見直して血行不良を改善したりと色むらの原因を取り除くことも大切です。

活性酵素によって老化がすすみ、お肌のサビをつくる原因となるものが蓄積されることもお肌の色むらができる原因です。

悩み別の化粧下地の選び方

色むらをカバーするために色味をコントロールする効果がある化粧下地を使いたいけれど、一体どのカラーを使えばよいのかわからない、という方がいます。おすすめの選び方は、お肌の悩みや地肌の色味によって選ぶ方法です。化粧下地にはいろいろな色のコントロールカラーがあります。

お肌の血行が悪く青白い方や、色白で顔色が悪く見えてしまう方には、ピンク色の化粧下地がおすすめです。淡いピンク色は、青白い肌に赤みを足して血色のよい自然なお肌の色へと導いてくれる効果があります。お肌のくすみが気になる時、素肌の赤みが気になる方には黄色のカラーがおすすめです。

黄色は、沈んだ色を明るくカバーしてにごりのない健康的な状態に導いてくれます。黄みがかった素肌の方にも向いています。くすみが強く、クマやたるみなどによる色むらに対してもオレンジのカラーは活躍してくれます。クマやくすみによるお肌の影を解消して、強いくすみもカバーし、明るく整った状態に導いてくれます。

小鼻の赤みや赤ら顔で悩んでいる方にはみどりのカラーがおすすめです。みどりは、赤みの気になるところに部分使いすることで悩みを解消してくれる効果が期待できます。紫のカラーは、くすみがちなお肌を整えてクリアな状態に導いてくれるので、お肌に透明感を出してくれます。

化粧下地は、素肌の色味の状態や悩みに合わせたカラーを選ぶことで、均一に整ったお肌の状態に導いてくれます。

悩みに合わせたおすすめの化粧下地

お肌の全体にくすみによる色むらが気になる場合、黄色や紫のカラーがおすすめです。ポーラオーガファインコントロールカラーはイエローとパープルの2色があり、くすみに対して効果的に働いてくれます。光を味方につけることで、透明感のあるお肌に導いてくれます。エティセフラットデザインカーチェンジャーは、イエローの下地でお肌のくすみをカバーしてくれます、馴染みのよいテクスチャーなので伸びが良く使いやすいです。

血行不良によって顔色が悪い方は、お肌をふっくらと健康的に見せてくれるピンク色のカラーがおすすめです。イプサコントロールベイスは、お肌の凹凸を整えて毛穴を防いでお肌を健康的に見せてくれます。コスメデコルテラクチュールブライトニングベースは、細かいパールの入ったピンク色の下地です。

内側から健康的に輝くお肌と立体感を出す効果が期待できます。エクセルグロウルミナイザーUVのピンクグロウには、パールの光沢感でうるおいのある立体感のあるお肌にしてくれます。

お肌に赤みのある方は、赤みを抑えてお肌を均一に整えてくれる化粧下地がおすすめです。キスミーフェルムは、光拡散パウダーやなめらかフラットパウダーが赤みを抑えて、くすみのない透明感のあるお肌を作り出してくれます。

ちふれのカラーメーキャップクリームNのグリーンは塗ると赤みを抑えて顔全体の立体感も出してくれます。赤みの気になる部分にポイントとしてつけることが効果的です。

色むらをカバーして美しいお肌になるために

お肌のくすみや赤み、血行不良などで起こる色むらは、化粧下地を工夫することでカバーすることができます。化粧下地には、色味のついたものがあり、コントロールカラーと呼ばれます。色がついていることで、お肌の悩みに合わせて効果を発揮してくれるので、自分のお肌の状態や悩みをしっかりと知ることで悩みに合わせたカラーの化粧下地を選ぶことができます。

たくさんの種類が販売されている化粧下地ですが、どんなに高価なものを使っても自分のお肌に合わなければ効果を発揮してくれません。そのため、自分の理想とするお肌を作りあげてくれるものを選ぶことが必要です。

ベースメイクの基本となる化粧下地なので、商品の特徴や、その時の流行、お肌の状態を常に把握してくことも大切です。また、化粧下地は、後に塗るファンデーションの密着やメイクの持ちを良くしてくれる効果があるので、丁寧に塗ることが大切です。

化粧下地の効果を最大限に発揮するためにも、洗顔後のスキンケアは重要です。保湿をしっかりと行ってお肌を整えることで化粧下地もお肌にしっかりと密着してくれます。また、正しい量と塗り方を意識することで、化粧崩れを防いで乾燥しない潤ったお肌を保ってくれます。

どんなに完璧にメイクしていても、お肌の欠点を隠せないまま厚塗りメイクをしていては台無しです。自分のお肌の魅力を最大限に引き出すためにも、自分に合ったものをムラなく綺麗に塗るようにしましょう。