今話題の化粧下地はコレ!

いまおすすめの水光肌になるためのベースメイク化粧品の選び方

    

美容大国韓国の女優さんのような水を浴びたようにキラキラ輝く美しい肌にメイクした水光肌。若々しく見えるのでおすすめのメイク法です。水光肌になるためにはベースメイク化粧品の選び方が肝心です。

韓国女優さんのようなつや肌になりたい

お隣韓国は美容大国ともいわれています。日本に比べて見た目、つまり容姿がその人の社会的地位を左右することから、いかにして美しく見せるかというメイク法なども発展しています。

そんな韓国でブームになって、日本にも入ってきたのが水光肌メイクです。

水を浴びてキラキラ輝くような肌にメイクするのがこのメイク法です。厚化粧感はゼロ、肌がつやつや見えることから、若々しく健康的な印象を与えることができます。そんな水光肌メイク、早速試してみたいという方も多いでしょう。

もちろんきれいに仕上げるためには、素肌がきれいであるのはもちろんですが、すっぴんではそこまでつやつや輝いていない方でも、水光肌メイクをするだけですっぴんよりも輝く美肌を演出できるのです。

従来のベースメイクでは化粧下地、ファンデーション、パウダーを使うのが主流でしたが、水光肌メイクの場合はちょっと違います。肌の状態が良ければ最後にパール系のパウダーでつや感を出すこともできますがこのメイクをしたいという方は、そこまでつやつやしていないから水光肌を所望しているはずです。

その場合に大事なのが化粧下地です。潤い感が大事なメイク法ですから、ここで潤いのあるような肌に見せる効果のある化粧下地を選ぶことです。もちろん油をべたべた塗るのはNGです。それは輝くというよりもテカってしまいます。やりすぎはかえって逆効果になるので、ほどほどにすることです。

水光肌を作るためのベースメイク

水光肌はもちろん、どんなメイクにも肝心なのがベースメイクです。いわばメイクの土台がしっかりしていないと、いくらきれいにメイクアップしようとしてもうまくいきませんし、すぐに化粧崩れしてしまいます。

水光肌を作るためのベースメイクですが、まずはしっかりとスキンケアをしてきれいな肌であることです。

もともとの肌状態が悪いと化粧もうまくいきませんから、スキンケアと健康的な生活習慣で肌の調子を整えることです。化粧水は指で叩き込むのではなく、手のひらに必要量を出してから肌に押し込むようになじませます。

それから美容液で必要な成分を肌に浸透させ乳液でそれを閉じ込め、乾燥が気になるならさらにクリームでしっかりと閉じ込めます。これで基本は完成です。それからベースメイクになります。

まずは化粧下地です。肌色が気になるならそれをカバーするためのコントロールカバーを付けてもいいでしょうし、過剰な皮脂が気になるなら皮脂の分泌を抑えるものを使ってもいいでしょう。要は自分の肌状態にあっているもの、なりたい肌に演出してくれるものを選ぶことです。

毛穴の開きなどが気になるならプライマーを使うといいでしょう。小鼻のあたりなどの気になる部分に使うことで毛穴の開きをうまくカバーできます。とにかくつやつやにしたいならパール入りを使ってもいいかもしれません。

ただ、どれも基本の肌が健やかな状態で使うことは忘れないことです。

水光肌のためのベースメイク化粧品の選び方

水光肌のためのベースメイク化粧品の選び方をご紹介します。まずは自分の肌状態を理解することです。化粧下地に始まるベースメイクは肌の基本を作る大事な工程です。口コミで評判がいいと言っていたとはいっても肌の状態は人それぞれ違いますし、なりたい肌も違うでしょう。自分に合わないものを使っても意味がないので初めに自分の肌を理解しましょう。

肌が乾燥気味な方の選び方としては高保湿のスキンケアで肌を潤しましょう。皮脂が多めの方はビタミンC誘導体などの皮脂の分泌を調整するスキンケアをという選び方をするといいでしょう。

化粧下地ですが、顔色が気になるならコントロールカラーを使って整えましょう。皮脂の過剰分泌が気になるなら皮脂を抑える化粧下地を使うと化粧崩れしにくくなるので便利です。

UVケアが気になるなら、紫外線カット効果のある種類を選ぶといいかもしれません。これなら化粧下地の前に日焼け止めを塗る必要はありません。顔をキラキラさせたいならラメ入りのものを使うといいかもしれません。

ただ、全体に塗ると全体的にキラキラする、つまりテカって見える可能性もあるのでつやが欲しい部分にピンポイントで使用するのがいいかもしれません。

もちろんですが、アレルギーがないことは確認してから使いましょう。ノンケミカルとかオーガニックでもアレルゲンとなる物質が入っているかもしれませんので、初めて使う場合はまず腕の内側など目立たない部分でパッチテストをして問題がないことを確認してからにしましょう。

おすすめ化粧品をご紹介

水光肌にメイクするためにおすすめの化粧品の選び方はなんとなくわかったけれど、具体的にどれがいいのか教えてほしい、そんな方は多いでしょう。そこで水光肌メイクのためのおすすめの化粧品をいくつかご紹介します。

まずはポール&ジョーボーテ ラトゥーエクラファンデーションプライマーです。日本人は黄色がかった肌色の人が多いのですが、こちらはそんな黄色味が強い日本人の肌色を、ラベンダーカラーで明るく補正、光コントロールしてくれるので水光肌メイクにおすすめです。

パールの効果でくすみをとばして透明感をもたらし、立体感のある引き締まった顔立ちを演出します。

次にナーズメイキャップイルミネーターです。シマリングピーチピンクが肌になじんで本来の肌トーンを美しく見せてくれますし、光を反射によって美しい素肌感を演出します。伸びが良いのでコスパが抜群、内側からにじみ出るようなつや感を演出できるので水光肌メイクにおすすめです。

エスプリークツヤ・ハリ仕上げ発光下地も人気です。パールで光を反射させて美肌に見せるだけでなく、細胞間脂質類に似た成分の脂肪酸フィトステリルを配合し、肌内部に潤いをもたらすので水光肌メイクにおすすめです。

根強い人気を誇るレブロンからも水光肌メイクに使える化粧下地があります。光拡散効果で毛穴やくすみ、色ムラを目立たなくし、内側から輝くようなツヤ肌へ導きます。アサイー・レモン・ゆずから抽出した保湿成分で見た目だけでなく、肌を内側から美肌へ導きます。ファンデーションの上から重ねてハイライターとしての利用もできるのでおすすめです。

これであなたもつや肌美人

水にぬれてつやつや輝く肌のように見せるメイクの水光肌メイク。これをマスターすれば、韓国の女優さんのようなつや肌美人になれること間違いなしです。そのためには使いたい化粧下地やメイク方法について簡単に説明してきました。

水光肌メイクは、つやつや輝く肌が重要なので、化粧下地を使って肌を整えることが極めて大事なのですが、それが面倒という方もいらっしゃるかもしれません。そんな方にはクッションファンデという方法もあります。

リキッドやクリームタイプのファンデは出先で治すのが難しいという欠点を解決したのがこのクッションファンデです。スポンジにポンとつけて肌に乗せるだけなのですが、水分量が多いので化粧下地なしでもつやつや輝く水光肌メイクが完成できます。

ただ、上記のように携帯できるように作られたものなので、本気の水光肌メイクをしたい方、素肌にあまり自信がない方にはこのクッションファンデはあまりおすすめできません。やはり化粧下地からしっかりと気合をいれて輝く素肌に見せるメイクをするべきです。

つや肌美人を演出できる水光肌メイクはこのように完成します。ただ、いくらきれいにメイクしても元の肌が汚いと思ったようなきれいな仕上がりにはなりません。

光で小じわやくすみを飛ばすとは言っても限度がありますから、本気のつや肌美人を目指すなら自分の素肌を大事にしましょう。スキンケアはもちろん食生活など生活習慣も見直して、外見だけでなく内側からも輝くつや肌美人を目指しましょう。