今話題の化粧下地はコレ!

艶肌をつくるためのパールが配合された化粧下地の選び方や塗り方のコツ

    

艶肌を作るためには、化粧下地選びが重要です。

自分のお肌にあったものを選んで、パールや有効成分が配合されたものを使うことでお肌を綺麗に見せてくれます。また、化粧下地の塗り方にもコツがあります。

女性が憧れるお肌について

ナチュラルなのにセクシーさを感じさせてくれる艶肌は、女性の憧れでもあります。

しかし、若い頃は艶がありいきききとしたお肌であっても、加齢とともに肌トラブルが増えたり乾燥することで、だんだんと艶がなくなってきます。

乾燥したカサつきのあるお肌では美しいお肌を作ることは難しく、美肌になるためには、潤いのある内側から輝くような艶が必要です。

艶肌を作ることのメリットは、お肌に透明感がでたり、実年齢よりも若く見えたり、メイクによる厚塗り感がなく、ナチュラル感を出せる、血色の良い健康的なお肌を作ることができます。

艶肌を作るための下地は、リーズナブルなものからハイクラスなものまであります。

プチプライスでも優秀なコスメがたくさんあり、多機能でも自分のお肌に合わなければ綺麗なお肌を作ることはできません。

そのため、値段や機能性にこだわらずに、お肌のコンディションを整えることにこだわって選ぶとよいです。

艶肌を作るために重要なポイントとなるのが化粧下地です。色味やカバー力、付け心地なども重要ですが、メイクしながらでもスキンケアができる美容液の役割を果たしてくれるものもあります。

パールが配合されていたりと、光に反射して透明感のあるいききとした内側から輝くお肌は、若々しく透明感のあるお肌を演出してくれます。

艶肌を作るためには、肌質に合ったものを選んで、正しい手順でメイクし、ポイントを抑えて行うことが大切です。

綺麗な艶肌をつくるための化粧下地の選び方

化粧下地には、お肌を保護したり後からつけるファンデーションなどをより綺麗に見せるための役割があります。

艶肌を作るためのベース作りには、自分にあった化粧下地を使うことが大切です。

どんなに多機能で優秀な化粧下地を使っていても、自分の肌質に合わないものを選んでしまうと、その効果を十分に発揮することはできません。

まずは、自分のお肌の悩みや欠点、状態を把握するためにまずは肌質をチェックすることが必要です。

お肌は水分と油分のバランスで状態が決まります。お肌の水分や油分が少なく、かさついている場合は乾燥肌なので、保湿成分にすぐれた化粧下地を選ぶ必要があります。

保湿成分にすぐれたものには、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどが配合されているものがおすすめです。

乾燥した状態が続くと艶のないかさついたお肌になるので、保湿成分が配合されたもので、お肌にしっかりと潤いを与えておくことが大切です。

べたついて皮脂が気になるオイリー肌には、油分の少ない化粧下地を選ぶことがおすすめです。

オイルフリーのものは毛穴を塞がず、べたつかずにさっぱりと仕上げてくれます。

また、パールの入った光に反射して艶をだすものは、お肌の透明感や艶を引き出す効果が期待できるので、細かいパールの入った化粧下地がおすすめです。

パールの効果で、上からファンデーションを塗っても内側から輝くような自然な艶のあるお肌を作ることができます。

艶肌を作るためのコツ お肌に艶があると、それだけで健康的で若々しいお肌に見えます。

メイク方法のコツでお肌を綺麗に見せることはできますが、その重要なポイントとなるのが化粧下地の塗り方です。

艶肌を作るためには、メイクの前の人手間が大切です。

乾燥したお肌は潤いのある艶肌には仕上がらないので、メイクの前にパックをすることで美容成分がお肌の内部にまでしっかりと浸透して潤いのあるお肌を維持してくれます。化粧水や乳液でお肌を整える時は、保湿を十分にすることがコツです。

化粧水で潤いを与えたあとは、水分が逃げないように乳液でしっかりと蓋をします。化粧下地で艶肌を作るためのコツは、下地にオイルを1滴混ぜて使うことでオイルの光沢がみずみずしいお肌を作ってくれます。

また、パールの入ったものを使うこともおすすめです。パールの入った化粧下地はお肌に薄く均一に延ばすようにします。

パールの入った下地を薄くつけることが自然な艶を出すコツです。

塗った後は、ティッシュなので軽く抑えると、メイクがお肌にしっかりと馴染んで自然な艶を出してくれます。また、頬の部分に血色を足すことで健康的で艶のあるお肌に仕上げてくれます。そのため、頬の部分にはピンク色のパールの入った下地を使うことで血色のよい艶肌を作ることができます。

艶肌を演出して維持するための化粧下地の塗り方で大切なコツは、ムラなく塗ることです。

顔の各パーツに適量をのせて、内側から外側に向かって伸ばすことがコツです。まぶたや目の際は皮膚が薄いので、つけすぎないように薄く伸ばすことがコツです。

綺麗に仕上げるためには力を入れすぎずに。最後は余分なものはスポンジで拭き取ってから、手でつつみこんで馴染ませることがコツです。

パールの入ったおすすめの化粧下地

ポール&ジョーのラトゥーエクラファンデーションプライマーは、お肌を明るく整えて、内側から輝くような艶肌を作り上げる化粧下地です。光の反射率が違うラベンダーパールをバランスよく配合することで、くすみをなくして艶のあるお肌に仕上げます。

エスプリークツヤ・ハリ仕上げ発光下地は、4種類の偏光パールが光をお肌の表面で反射させると同時に多くの光をお肌に取り込みます。光効果によってこじわやほうれい線も目立たなくしてハリと艶のあるお肌に仕上げてくれます。

ルナソルコンロトールベースは、細かなパールで、ぎらぎらとしていない自然な艶肌を演出してくれます。お肌の色も明るく見せる効果があるので、明るくて艶のある状態に導いてくれます。
メイベリンスキンブライトナーは、プチプライスで求めやすくなっています。

パールが配合されていて、紫外線もカットして、潤い成分も配合されているので、乾燥肌の方も安心して使用できます。ピンクのパールが配合されているので、健康的で血色のよいお肌にしてくれます。

ロレアルパリルーセントマジックベースは、透き通るような透明度の高いパールが透明感と艶、明るさを与えて、透き通った艶のあるお肌を作り出してくれます。また、頬や、Tゾーン、顎などに部分使いすることで立体感のある表情を作り出してくれます。潤いのあるみずみずしいベースは、伸びがよく、乾燥からも守ってくれるので保湿効果が期待できます。

艶のある美しいお肌を作るために

艶肌をつくるためには、メイクのベースとなる化粧下地が重要です。また、化粧下地の効果を最大限に発揮させるためには、洗顔後のスキンケアが重要になります。

水分の足りない乾燥したお肌は化粧崩れの原因になったり、お肌の潤いや艶を奪ってしまいます。

そのため、化粧下地を塗る前には、しっかり保湿して水分が逃げないようにクリームや乳液で蓋をすることが大切です。

そうすることで化粧下地がお肌にしっかりと密着して、潤いを保ったまま効果を発揮してくれます。また、化粧下地には潤い成分が配合されたもの、パールなどの光の反射で艶やハリ感を出してくれるものが配合されていると、お肌は健康的な艶肌に仕上がります。

逆に油分が多いからは、皮脂をコントロールするものを選ぶようにします。粧下地を塗るときは、均一にしっかりと馴染ませることがコツです。化粧下地がお肌に馴染んでいないと、後からつけるファンデーションも浮いたり崩れたりしてしまします。

化粧下地を選ぶ時は、自分のお肌の状態や欠点を知ってから、自分のお肌に合った有効成分が配合されているものや色を選ぶようにします。

透明でパールが配合されているものは、明るく艶のあるお肌に見せてくれます。また、ピンクの色味があるものは、血色をよくして健康的に見せてくれます。

化粧下地を選ぶ時は、なりたい肌をイメージして肌質に合わせたものを選ぶことで理想的なお肌に仕上げることができます。